本文へスキップ

知的財産管理技能士 資格概要

知的財産管理技能検定 合格ガイド

知的財産管理技能検定 合格ガイドHEADLINE

知的財産管理技士とは

知的財産管理技能士 資格概要


著作物やブランドや製品デザインなどは、企業の重要な経営資源です。
こうした「知的財産」は、企業の中の法務部や知的財産部といった部門が管理していますが、その管理能力を認定する試験が知的財産管理技能検定であり、試験合格者には知的財産管理技能士の称号が与えられます。
知的財産管理技能士は試験による3〜1級のレベル分けがあり、それぞれのレベルは概ね次のような能力の証しとされています。

【3級】知的財産分野について、初歩的な管理能力がある。
【2級】知的財産分野全般(特許、商標、著作権等)について、基本的な管理能力がある。
【1級(コンテンツ専門業務)】
 知的財産分野のうち、特にコンテンツに関する専門的な能力がある。
【1級(特許専門業務)】
 知的財産分野のうち、特に特許に関する専門的な能力がある。

2008年の試験スタート以来、企業の法務部や知的財産部の方をはじめ、コンテンツ制作部門、デザイン部門、研究・開発部門の方、その他一般の社会人や主婦・学生の方など、年々受験者が増えつつある今注目の国家資格です。

ヒューマンアカデミーの通信講座

知的財産管理技能士 講座 知財管理技能検定3級CDコース
価格: 20,000円(税込)
知的財産の適切な管理・活用を目的に、2008年にスタートしたばかりの注目の国家試験が知的財産管理技能検定です。

リンク情報

  当サイトではただ今、相互リンクの
  募集をしています。
  お申し込みの方はこちらから
     ↓↓↓
   相互リンク募集中

 LINK1    LINK2    LINK3    LINK4
 
 LINK5    LINK6    LINK7    LINK8

知的財産